患者に見合った不妊治療

さわだウィメンズクリニックでは、患者に見合った不妊治療を進めていきます。まずは不妊治療の原因を探る所から始めます。できる限り自然に妊娠する形を目指しています。検査では、月経期や低温期、排卵期や高温期といったそれぞれの時期に合わせて詳しく検査を行っていきます。

これらに併せて、基礎体温の計測を毎日行って頂きます。排卵の様子を見極めるためにも、基礎体温は毎朝必ず患者様に計測して貰っています。さらに超音波や粘液、フーナーテストも行います。子宮卵管造影検査ではレントゲンを撮影し、ホルモンなどの基本的な検査まで全てを行った上で大きなトラブルが見つからなければタイミング療法を進めていきます。

排卵日を推測し、タイミングを実際に取って貰うのです。このタイミング療法での自然妊娠がなかなか出来ないとなった場合には、人工授精などに移っていきます。

人工授精では採取した精子を子宮に直接届けていきます。排卵に問題があれば、排卵誘発剤を投与して排卵を促していきます。また着床に問題があれば黄体補充などを施して行くのです。そしてそれでも残念ながら効果が現れないのであれば、体外受精へとステップアップしていくのです。体外受精では、卵子と精子を取り出して受精させます。

これを子宮に移植するのです。不妊の原因は女性ばかりにある訳ではもちろんありませんので、男性側の検査なども入念に行っていきます。またせっかく妊娠した思っても、不育症という場合もありますから、流産となる原因にもきちんと対応していきます。