不妊治療の待合室の空気ったら…

不妊治療外来に通っていたことがあります。結果を手っ取り早く言ってしまいますと、私は不妊治療外来に通って、妊娠にいたることができました。しかし、不妊治療外来に通っても、結局妊娠するにはいたらずに、不妊治療を途中で断念してしまう人もいるわけで、そうするとやはりいたたまれない気持ちになりますね。

しかし、不妊治療外来もそうですが、不妊治療もおこなっている産婦人科病院のほとんどが、どのような患者さんも待合室は同じなのですよね。それに診察前の人も診察が終わった後の人も、すべて同じ待合室なのです。ですから、ちょっといたたまれない空気を感じることはありますね。

私が通っていた不妊治療外来では、そのようなトラブルはなかったのですが、妊娠したので通っている女性に対して、不妊治療中の女性がつかみかかった~なんて話も聞きますね。どのような経緯で不妊治療中の女性がつかみかかったのかなど、詳細に関してはわかりませんが、おそらくセンシティブになっていたのでしょう。

妊娠はメンタル面に左右されると聞きますから。うちの夫婦もそうだったのですが、子宮の具合も旦那さんの方にもなにも問題が見当たらなくっても、タイミングをしっかりはかってもなかなか授からないことはありますからね。

ですからこそセンシティブにもなりますし、だからこそどのような目的で通っている患者さんも、すべて待合室が一緒なのが結構気になったりしていました。待合室で話す仲になった人もいるのですが、結果がその人の様子からわかってしまう場合は、なんて声をかけたらいいのかわかりませんし、やはりいたたまれない気持ちになりますね。